児童扶養手当とは

父母の離婚等によるひとり親家庭などの生活の安定・自立促進に寄与することにより、
その家庭において養育されている子どもの福祉増進のために支給される手当です。

◇支給対象者

 次の①~⑤のいずれかに該当する子ども(18歳に達する日以降の最初の3月31日ま
での子ども。なお、障害児の場合には20歳未満)を監護する母や父、または養育者(祖父母など)です。
 
 ①父母が婚姻を解消した子ども
 ②父または母が死亡した子ども
 ③父または母が一定程度の障害の状態にある子ども
 ⑤その他(父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた子ども、父または母が1年以上遺棄している子
      ども、父または母が1年以上拘禁されている子ども、母が婚姻によらないで懐胎した子どもなど)

  ただし、婚姻を解消していても離婚した父または母と生計を同じくしているときや、国
 内に住所がないときは支給されないなどの要件もあります。

◇支給額

●子ども1人目  全部支給:42,500(月額)

         一部支給:42,490円~10,030円(月額)         

●子ども2人目  全部支給:10,040円(月額)

         一部支給:10,030円~5,020円(月額)

3人目以降1人につき   全部支給:6,020円(月額)

              一部支給:6,010円~3,010円

 ※いずれも所得に応じて10円きざみ。

 ※子どもが2人以上いる場合、1人目の額に2人目以降の額が加算された額になります。

◇支給時期

●年3回(4月・8月・12月)