介護保険制度の改正により、当町では平成29年4月から、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)を実施しています。

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)の概要について 

 

 総合事業は、高齢者の方々が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、地域の支え合いや、地域の実情に応じた多様なサービスを組み合わせることで、高齢者の方々の介護予防や日常生活の自立を支援することを目的として創設されました。

 総合事業は、要支援1・2の方と65歳以上で基本チェックリストにより生活機能の低下がみられ事業対象者と判定された方が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」で構成されます。

 これまで要支援1・2の方が利用していた介護保険サービスのうち、ホームヘルプサービス(介護予防訪問介護)とデイサービス(介護予防通所介護)が総合事業に移行しました。

 事業の枠組みは変わりますが、受けられるサービスの内容に変更はありません。

 

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)のサービスについて

 

このことについて、以下のとおりお知らせいたします。

 

①サービス利用までの流れについて [139KB pdfファイル] 

 

②介護予防・日常生活支援総合事業のサービスについて [179KB pdfファイル] 

 

③基本チェックリスト該当基準について [113KB pdfファイル]