近年結婚に至ったカップルの6組のうち1組(約15%)は、同級生・同窓生同士の組み合わせとなっています。これは、幼少から成人に至るまでの間、かなりの時間を同じような環境で共有してきたことが安心感となり、結婚に至ったものと推定されています。このような中で、同窓会は、結婚の適齢期とされる若い世代の方々にとっては、いわゆる出会いの場となり、また、親しい友人との懇談の中で、ふるさとの思いをあらためて感じる機会になって、ふるさと回帰のきっかけにもなると考えられます。このため、間接的な結婚支援及びUターンを促進することを目的として、同級会や同窓会及びお見合い開催に係る費用の一部を助成します。

 

事業について.pdf [130KB pdfファイル] 

交付要綱.pdf [78KB pdfファイル] 

交付要綱(様式).pdf [109KB pdfファイル] 

手続きの流れ.pdf [87KB pdfファイル]