【重要】

 3月1日に発生した戸籍情報連携システムの障害に伴う本籍地市区町村以外の戸籍証明書の交付(いわゆる広域交付)がしにくい状態となっている件について、3月11日に復旧しましたのでお知らせします。

 詳しくは、法務省ホームページへ掲載されておりますので、そちらをご確認ください。

広域交付(戸籍証明書等)について

戸籍法の改正により、令和6年3月1日(金)から本籍が田子町以外の市区町村にある場合でも、田子町役場住民課住民環境グループ窓口で戸籍証明書を取得することができるようになります。また、戸籍届出時における戸籍証明書等の添付が原則不要になります。

広域交付の対象となる戸籍

  • 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書) 1通 450円
  • 除籍謄本(除籍全部事項証明書) 1通 750円
  • 改製原戸籍謄本         1通 750円
  • 除籍謄本            1通 750円

※戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)・戸籍の附票・身分証明書・独身証明書など上記以外の戸籍証明書については、広域交付の対象外となりますので、これまでどおり本籍地のみでの発行となります。

請求できる方

  • 本人
  • 配偶者(生存配偶者含む)
  • 直系尊属(父母及び祖父母等)
  • 直系卑属(子及び孫等)

※弁護士、司法書士等の職務上請求、委任状による代理請求、第三者請求、郵送請求は対象外となります。

※兄弟姉妹の戸籍証明書の取得の場合、兄弟姉妹と同じ戸籍に、請求者ご本人又は請求者の父母が記載されていればご請求できます。

【参考】戸籍証明書の請求について

  窓口請求 郵送請求 広域交付(窓口)
【戸籍請求先】 本籍地 本籍地 本籍地以外の市区町村
本人 可能 可能 可能
配偶者(生存配偶者含む)、直系尊属、直系卑属 可能 可能 可能
職務上請求 可能 可能 対象外
代理請求(委任状) 可能 可能 対象外
第三者請求 可能 可能 対象外

請求に必要なもの

窓口にお越しになった方の顔写真付きの本人確認書類(免許証、マイナンバーカード等)

※本人確認をより厳格に行うため、広域交付における本人確認書類は顔写真のついた身分証明書(官公署発行)に限定されます。

 健康保険証や年金手帳等での本人確認はできませんので、ご注意ください。

ご利用にあたっての注意

  • 請求できるかた(上記参照)が市区町村の窓口に来庁し、請求する必要があります。
  • 直近で戸籍の届出を提出されている場合、最新の内容が反映されるまで数日かかるため即日発行できないこともありますので、事前に本籍地の市区町村にご確認ください。
  • 相続手続きのために、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍を必要な場合、複数の市区町村にまたがって戸籍がある場合が想定されます。その場合、発行までお時間がかかりますのでお待ちいただくか、後日のお渡しになることがあります。
  • 請求される戸籍の内容によっては、本籍地へ確認してからの発行となる場合があります。市区町村で窓口終了時間が異なりますので、本籍地へ確認が行えず、当日中に発行できない場合がありますので、お時間に余裕をもってお越しください。
  • 戸籍の管理状況によっては広域交付による発行ができない場合もありますので、あらかじめご承知おきください。

受付窓口・受付時間

【受付窓口】田子町役場住民課住民環境グループ(④番窓口)

【受付時間】8時15分から17時00分まで(土日祝日、年末年始を除く)

新たな戸籍制度の詳細

制度の詳細については、法務省ホームページをご覧ください。

 戸籍法の一部を改正する法律について